健康教室のご案内

岡部診療所では精神科ショートケア『健康教室』を開催しています

健康教室について

岡部診療所『健康教室』は、皆さんの回復を後押しする治療プログラムで、平成27年8月に始まりました。
健康教室では、病気との付き合い方、生活習慣、お薬、合併症などについての学習のほか、簡単料理教室、スポーツなどにも取り組みます。さらに日頃の悩み・困り事を互いに知恵を出し合って乗り越えるSST(生活技能訓練)も始まりました。

『健康教室』では、複数の患者さんとお互いに話し交流することによって自己洞察を深めたり、対人関係を学習したりします。医師や看護師、精神保健福祉士など、複数のスタッフが担当します。普段の治療は主に医師との関係だけですが、他の患者さんと自分の気持ちを伝えあうことによって、共感しあったり、視野が広がったりと、様々な学びがあります。

参加を希望される方は、主治医またはソーシャルワーカーにご相談ください。

これまでの健康教室

健康教室 SST 仲間にSOSを出そう

今日のSSTでは、仲間へのSOSの出し方を考えてみました。心が折れそうな時、死ぬほどつらい時、家族やスタッフに話すと「お薬飲んだ?」「入院する?」と言われてしまうけど、仲間の対応は違うようで、肩の力がフッと抜けるような声掛けに救われた人が何人もいました。

そこで仲間にどうやってSOSを出し、またそれをキャッチした側もどう対応したら良いのかをみんなの経験をもとに練習してみました。すると意外や意外、解決方法のアドバイスよりも「何?どうしたん?」「聞くだけならできるよ」「いつでも言って」という言葉だけで悩みがスッと解決していたことがわかりました。

依存症の自助グループで大切にされている「言いっぱなし聞きっぱなし」がSOSを出す側受ける側双方にとって、とても良いエッセンスだということがわかり、みんな大納得のSSTでした☺️


健康教室 創作活動

今日の健康教室はカルタ作りの2回目でした。今日は「た」から「ほ」まで作成しました。

4名の参加者みんなで意見を出し合いながら、ワイワイ、のんびり、そして時々は急ぎながら作りました。机上の作業とはいえ、最後の方はぐったりでしたが、とても楽しい時間となりました。

カルタ作りはまだまだ続きます!


スノードロップホーム 自分の気持ちの伝え方

今週は2度目のスノードロップホーム、やめたいけどやめられない悩みを抱えた女性たちのグループです。

2名の参加があり、次から次から話に花が咲きました。何よりの悩みはコミュニケーションのこと、それも自分にとって大切な人に自分の思いをうまく伝えられないということです。

なかなか急に上達するものでもありませんが、仲間と一緒になら気長に取り組んでいけそうな気がします。これからも月2回のペースでゆる〜く開催していきます☺️


健康教室 ボッチャ

8月23日の健康教室は、久しぶりのボッチャでした。参加者の皆さんから「練習して自分の思う所にボールが止まるようになった~」とあっちこちから声が聞こえる、楽しい健康教室となりました!


リカバリー倶楽部 希望

今週のリカバリー倶楽部希望は、星稜高校の甲子園決勝戦と丸かぶりでした!というわけで、誰もテキストなんて頭に入らないと思うので、ホールのスクリーンでみんなで野球観戦でした⚾️

メンバーの中に、まさかの履正社高校野球部OBがいるというサプライズもあり、ビックリ‼️両校の手に汗握る攻防、本当に素晴らしい決勝戦をみんなで観戦できて、良かったです。一人で観るよりみんなで観るスポーツはまた、楽しいものですね。

星稜高校、準優勝おめでとう😭㊗️そして、履正社高校、優勝おめでとうございます🎊


健康教室 映画鑑賞

今日の健康教室は、映画鑑賞です。リクエストの多かった『聲の形』を観ました。聴覚障害を持つ主人公を中心に、人と人との繋がりやディスコミュニケーションを描く映画です。参加した皆さんから「『君に生きるの手伝ってほしい』の言葉が胸に響いた〜」との声が聞かれました。その他、「色んな映画を観て感動したい」「次はいつか楽しみ」という声が聞かれました。


健康教室 エンジョイクッキング

昨日の健康教室はエンジョイクッキングでした。健康教室の皆で苗植えをし育てているナスと参加者の方より差し入れしてもらったトマトなどを使った「夏野菜カレー」と、作ってみたいとリクエストのあった「バターチキンカレー」。そしてたっぷりと小さく切った野菜を入れた「キーマカレー」の3種類を作りました。今回はライスで食べるだけでなく、ナンも手作りしました。どのカレーも美味しくて、ついつい食べすぎてしまい、お腹いっぱいになりました!

まだまだ暑い毎日が続くと思われますが、みなさん、お体に十分お気をつけくださいね。


女性のための『リカバリー倶楽部(仮称)』スタート!

今日から女性のためのリカバリー倶楽部が始まりました。リカバリー倶楽部希望は、アルコールや薬物などとうまく付き合えなくなって困っている人たちのためのプログラムですが、現在のグループが男子メンバーばかりのため、新たに女性グループを始めることになりました。

初回は、みんなでグループ名を考えました。「なりたい自分になろう」というメンバーの一言から思いを膨らませて話し合い、決まったグループ名がこれです!

『スノードロップホーム』

スノードロップは雪解けの季節に咲き春の訪れを知らせてくれる小さな白い花です。花言葉は『希望』。そして、このグループを「ホーム」にして、ここからなりたい自分になっていく、という願いを込めました。

これからも月2回ではありますが、焦らずゆっくりやっていこうと思います。よろしくお願いします!


健康教室 SST モヤモヤの残らない断り方

今回の健康教室はSSTでした。

皆さん、友達からの誘いを断ったことありますか?また、友達を誘ったのに断られたことはありませんか?

どちらの立場であっても、モヤモヤが残るよねーというみなさんの経験から、どうすればモヤモヤが残らず相手と良い関係を保つやりとりができるかな、ということを考え練習してみました。

普段からの生活でもすぐに役立つSST、みなさんも参加してみてくださいね!


健康教室だよりづくり

今日の健康教室はおなじみとなってきた健康教室だよりの第5号を作成しました。参加者は5人でしたが、みんなでアイデアを出しあい、これまでの創作活動の成果を紹介するお便りができました。ぜひ手に取ってご覧くださいね。

健康だよりの完成後は、朝みんなで漬けた家庭菜園のナスの浅漬けを食べました😊



初めて受診される方へ
通院中の患者さまへ
ご家族からのご相談
診療時間・休日カレンダー
健康教室のご案内
各種制度利用のご案内

健康教室のご案内

岡部診療所では精神科ショートケア『健康教室』を開催しています

健康教室について

岡部診療所『健康教室』は、皆さんの回復を後押しする治療プログラムで、平成27年8月に始まりました。
健康教室では、病気との付き合い方、生活習慣、お薬、合併症などについての学習のほか、簡単料理教室、スポーツなどにも取り組みます。さらに日頃の悩み・困り事を互いに知恵を出し合って乗り越えるSST(生活技能訓練)も始まりました。

『健康教室』では、複数の患者さんとお互いに話し交流することによって自己洞察を深めたり、対人関係を学習したりします。医師や看護師、精神保健福祉士など、複数のスタッフが担当します。普段の治療は主に医師との関係だけですが、他の患者さんと自分の気持ちを伝えあうことによって、共感しあったり、視野が広がったりと、様々な学びがあります。

参加を希望される方は、主治医またはソーシャルワーカーにご相談ください。

これまでの健康教室

健康教室 SST 仲間にSOSを出そう

今日のSSTでは、仲間へのSOSの出し方を考えてみました。心が折れそうな時、死ぬほどつらい時、家族やスタッフに話すと「お薬飲んだ?」「入院する?」と言われてしまうけど、仲間の対応は違うようで、肩の力がフッと抜けるような声掛けに救われた人が何人もいました。

そこで仲間にどうやってSOSを出し、またそれをキャッチした側もどう対応したら良いのかをみんなの経験をもとに練習してみました。すると意外や意外、解決方法のアドバイスよりも「何?どうしたん?」「聞くだけならできるよ」「いつでも言って」という言葉だけで悩みがスッと解決していたことがわかりました。

依存症の自助グループで大切にされている「言いっぱなし聞きっぱなし」がSOSを出す側受ける側双方にとって、とても良いエッセンスだということがわかり、みんな大納得のSSTでした☺️


健康教室 創作活動

今日の健康教室はカルタ作りの2回目でした。今日は「た」から「ほ」まで作成しました。

4名の参加者みんなで意見を出し合いながら、ワイワイ、のんびり、そして時々は急ぎながら作りました。机上の作業とはいえ、最後の方はぐったりでしたが、とても楽しい時間となりました。

カルタ作りはまだまだ続きます!


スノードロップホーム 自分の気持ちの伝え方

今週は2度目のスノードロップホーム、やめたいけどやめられない悩みを抱えた女性たちのグループです。

2名の参加があり、次から次から話に花が咲きました。何よりの悩みはコミュニケーションのこと、それも自分にとって大切な人に自分の思いをうまく伝えられないということです。

なかなか急に上達するものでもありませんが、仲間と一緒になら気長に取り組んでいけそうな気がします。これからも月2回のペースでゆる〜く開催していきます☺️


健康教室 ボッチャ

8月23日の健康教室は、久しぶりのボッチャでした。参加者の皆さんから「練習して自分の思う所にボールが止まるようになった~」とあっちこちから声が聞こえる、楽しい健康教室となりました!


リカバリー倶楽部 希望

今週のリカバリー倶楽部希望は、星稜高校の甲子園決勝戦と丸かぶりでした!というわけで、誰もテキストなんて頭に入らないと思うので、ホールのスクリーンでみんなで野球観戦でした⚾️

メンバーの中に、まさかの履正社高校野球部OBがいるというサプライズもあり、ビックリ‼️両校の手に汗握る攻防、本当に素晴らしい決勝戦をみんなで観戦できて、良かったです。一人で観るよりみんなで観るスポーツはまた、楽しいものですね。

星稜高校、準優勝おめでとう😭㊗️そして、履正社高校、優勝おめでとうございます🎊


健康教室 映画鑑賞

今日の健康教室は、映画鑑賞です。リクエストの多かった『聲の形』を観ました。聴覚障害を持つ主人公を中心に、人と人との繋がりやディスコミュニケーションを描く映画です。参加した皆さんから「『君に生きるの手伝ってほしい』の言葉が胸に響いた〜」との声が聞かれました。その他、「色んな映画を観て感動したい」「次はいつか楽しみ」という声が聞かれました。


健康教室 エンジョイクッキング

昨日の健康教室はエンジョイクッキングでした。健康教室の皆で苗植えをし育てているナスと参加者の方より差し入れしてもらったトマトなどを使った「夏野菜カレー」と、作ってみたいとリクエストのあった「バターチキンカレー」。そしてたっぷりと小さく切った野菜を入れた「キーマカレー」の3種類を作りました。今回はライスで食べるだけでなく、ナンも手作りしました。どのカレーも美味しくて、ついつい食べすぎてしまい、お腹いっぱいになりました!

まだまだ暑い毎日が続くと思われますが、みなさん、お体に十分お気をつけくださいね。


女性のための『リカバリー倶楽部(仮称)』スタート!

今日から女性のためのリカバリー倶楽部が始まりました。リカバリー倶楽部希望は、アルコールや薬物などとうまく付き合えなくなって困っている人たちのためのプログラムですが、現在のグループが男子メンバーばかりのため、新たに女性グループを始めることになりました。

初回は、みんなでグループ名を考えました。「なりたい自分になろう」というメンバーの一言から思いを膨らませて話し合い、決まったグループ名がこれです!

『スノードロップホーム』

スノードロップは雪解けの季節に咲き春の訪れを知らせてくれる小さな白い花です。花言葉は『希望』。そして、このグループを「ホーム」にして、ここからなりたい自分になっていく、という願いを込めました。

これからも月2回ではありますが、焦らずゆっくりやっていこうと思います。よろしくお願いします!


健康教室 SST モヤモヤの残らない断り方

今回の健康教室はSSTでした。

皆さん、友達からの誘いを断ったことありますか?また、友達を誘ったのに断られたことはありませんか?

どちらの立場であっても、モヤモヤが残るよねーというみなさんの経験から、どうすればモヤモヤが残らず相手と良い関係を保つやりとりができるかな、ということを考え練習してみました。

普段からの生活でもすぐに役立つSST、みなさんも参加してみてくださいね!


健康教室だよりづくり

今日の健康教室はおなじみとなってきた健康教室だよりの第5号を作成しました。参加者は5人でしたが、みんなでアイデアを出しあい、これまでの創作活動の成果を紹介するお便りができました。ぜひ手に取ってご覧くださいね。

健康だよりの完成後は、朝みんなで漬けた家庭菜園のナスの浅漬けを食べました😊


PAGETOP
Copyright © 岡部診療所 All Rights Reserved.